MENU

病院で病棟勤務に就いている薬剤師

病院で病棟勤務に就いている薬剤師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤をこなしていくことになります。 夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。 そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人薬剤師候補生」というものの受け入れを推進しています。 けれども、候補生は日本語で出題される薬剤師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて薬剤師、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。就労中に日本語を学び、また、あわせて、国家試験対策をしなければならず、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。 交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある薬剤師ですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。 受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと次の担当薬剤師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言で済むものもありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。 薬剤師として働いて、もう数年になります。 それで、ちょっと気になることがあって、薬剤師というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。 喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。 また、お酒の席での薬剤師たちの酔いっぷりといったらまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。 あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。 どこの医療機関でも薬剤師は不足していることが多いため、薬剤師の転職は比較的かんたんです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。 働く時間を、自分である程度調整でき、希望に沿った仕事を割と選べる、といったあたりが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。働く期間も様々で、単発、短期、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人はできれば、派遣で働くということも考えて職を探すのも一つの手です。 新卒、もしくは、既卒の方が薬剤師の働き口を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。 求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては病院側が独自に年齢を理由にした不採用を決められていることも、珍しくないのです。 具体的に言うと、30代以上で初めて薬剤師としての職場を探すのは、難しくなります。 薬剤師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。 引っ越し、結婚、出産という類の個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。 転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。 今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。 薬剤師の勉強をするための学校には主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。 授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した薬剤師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。そして、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習に多くの時間を割き、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。 大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な薬剤師という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。 それから、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。 そんなお仕事だとわかっていながらも薬剤師を希望し、勉強に励む人が多い訳は、短所を帳消しにできる良い点がたくさんあるということなのでしょう。一口に薬剤師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。 現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。 安定性といえば、薬剤師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。このような高給で安定した職場という面では薬剤師はメリットの多い職業だと言えます。収入の話になりますが、薬剤師という職業は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。 病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。夜勤を通常より多く入れている人ですとか仕事の虫で、残業も苦にならないというような薬剤師ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。薬剤師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、育児との両立を目指す薬剤師にとって大きな不安要素となり得ます。 小学生になる前の子供だったら、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。 そのため、薬剤師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。 日夜、薬剤師として厳しい仕事を続けていると、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考えるようになってもおかしくありません。 全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。 とはいっても、病院にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、仕事の内容は全く変わってきます。 不安や悩みを抱えている患者から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる薬剤師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、現実には薬剤師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。 ですから、薬剤師によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。 中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。薬剤師がどんな風に思われているかというと、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。 とは言え、薬剤師の勤務の実情に着目してみれば、もちろん待遇はそれなりですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている薬剤師も少なくないのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本質的に薬剤師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。実は同じ薬剤師でも格差があるのはご存じでしょうか。 たとえば正社員として働く薬剤師は月給制です。 でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。 その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが大体の相場らしいです。 これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。 しかし、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。24時間対応が求められることの多い、薬剤師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。 それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。 小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、きっと薬剤師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ついでに言うと、薬剤師も他業種と同じように8時間勤務です。 病棟に勤める薬剤師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤を避けられない職業の一つです。 具体的な時間帯ですが、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。 普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。3交代勤務での夜勤となると、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。 希望する病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておきましょう。 離職率が高い職業として薬剤師が有名ですが、結果的に転職率が高いと言えます。 ですので、薬剤師だけを対象にした転職サイトなども多種多様に存在しています。 こうした薬剤師専用の転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の薬剤師にぜひ利用してもらいたいです。 たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用して、より良い転職先を見付けましょう。 最近では、より一層、薬剤師の数が足りなくなってきていると言えます。かつて薬剤師資格を取得したけれど、薬剤師として働いていない人も多くいます。 薬剤師の不足の要因はというと最終的には、薬剤師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。離職率がどのくらいかというと、常勤薬剤師で11%以上です。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。職場において、仕事のできる薬剤師を目指すには、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。 ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。 人によっては、薬剤師としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。 最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で薬剤師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。 交代制で働く薬剤師の、勤務終了前の大事な仕事として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、業務を行なう上で必要な事柄をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。 患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に報告しなければなりません。 業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。 薬剤師が働ける場所というのは病院に限りません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも薬剤師の活躍が期待されています。 グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。特に介護関連に興味があるという場合は、職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。 病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、注目されているのが、医師や薬剤師が不足しているという問題です。 夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の薬剤師はかなりの重労働をこなしているといわれています。男性薬剤師の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスにやられてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう薬剤師も多いというのも分からなくはない話です。 交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。 病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。 まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。 他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。注射や採血は薬剤師が行う仕事の代表的なものです。 普通、好んで注射をされに行くような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言うものの、薬剤師の技術によっては痛みなく処置してくれる薬剤師もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。働く場所がたくさんある専門職、それが薬剤師ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。 そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして薬剤師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども増えてきていますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。薬剤師に階級があるのをご存知ですか?高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長や総薬剤師長がトップにあたります。 階級を上げる方法ですが、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、信頼を得られるように努めることが必須になります。 もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。 普通、薬剤師としてキャリアを積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。 でも、これ以外にも、階級ごとに主任や総薬剤師長といった役職があります。 最近では、学生やパートの薬剤師も少なくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。