MENU

大きなやり甲斐を得られ

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な薬剤師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。 24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。それらを承知の上でなお、薬剤師になろうと希望し、勉強に励む人が多い訳は、デメリットに目をつぶることが可能なくらい良い点がたくさんあるということなのでしょう。 きついながら、やりがいも大きいのが薬剤師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。 そしてまた、患者さんのご家族にとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。世間で言われているように、薬剤師の仕事はかなり辛いものです。 ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、多分薬剤師はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。 薬剤師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。 薬剤師の医療行為というものは実は認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。 そうはいっても、急変時や、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験を積んでいる薬剤師に限り、若干の医療的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。薬剤師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。 それが理由なのかはわかりませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。 なのですが、多忙を極める仕事です。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。 医療のスペシャリストである薬剤師が必要な施設というのは、確かに病院が多いですが、他にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。 こういったところでも薬剤師の活躍が期待されています。こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、気を付けて接する必要があります。 様々な職場がある中で、介護に関わりたいという薬剤師はグループホームへ勤務することも考えてみてはいかがでしょうか。薬剤師の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。 職業柄、ストライキをすることも薬剤師にとっては困難で、雇用する側の人達がしっかりと気を配るということが重要であるということに疑いの余地はありません。新卒で勤め始めた新人薬剤師や、転職してきたばかりの薬剤師に対し、経験不足を理由に、病院によりますが、残業代がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。 ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話ではっきりと労基法に違反しているのです。 残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、報酬を得なくてはなりません。常日頃、薬剤師とて奮闘していて、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。 そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。 一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする薬剤師は結構多いようです。ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。 多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうしたケースは、実際にとても多いようです。 家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻ってくる人もよく見られます。 今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する薬剤師の方は少なくありません。 女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という薬剤師達が、街コンに繰り出しています。 「薬剤師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。 とは言え、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって休日が合わないために結局は別れてしまうケースが多いそうです。 薬剤師というと病院に勤めているイメージがありますが、薬剤師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある薬剤師は、最適な職場でしょう。 保育園でどのような仕事をするかと言うと、医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。薬剤師として働いて、もう数年になります。それで、気がついたことと言えば、薬剤師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。 タバコが有害という認識が広まったこともあって、薬剤師の喫煙率も多少減ってはいるようです。 でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。 それから、たまにあるお酒の席などで見られる、薬剤師たちの酔い方、といいますか、酔態は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。未婚の友人の中でも薬剤師をしている人が結構います。人気が高いと思われる薬剤師ですが、独身の女性も多いです。実際に、薬剤師が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚の差が開いている事が分かりました。 晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。 職場を変わられるときには薬剤師であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。 それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望した動機について、どのように表記するかということになります。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。 公務員と薬剤師を両立する方法は、国公立の医療機関で働くことです。 本来、職業としての薬剤師が知識や経験を積みながら長く働ける職種の一つであるとして注目されていますが、公務員のメリットを生かす事も出来れば一層安定した職業になることは確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的ですよね。 一口に薬剤師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、別の業種の給料と比較してみると安定的に待遇が良いのが分かっています。安定性といえば、薬剤師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば薬剤師を選ばない理由はないでしょう。 意外に思われるかもしれませんが、薬剤師には細かな階級が存在するのです。 高い階級から言うと、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総薬剤師長といわれる階級です。 階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。 階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。薬剤師にとって当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。 仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと実感することも多々あるのです。 先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。薬剤師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子供がいる薬剤師にしてみれば不安材料となります。子供の就学前であれば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。 そのため、子育て中の薬剤師の中にはパート勤務に移行していくという方もかなりの割合で存在しています。 少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、より多く輩出されなければならなくなるでしょう。それ故、今でさえ足りていない薬剤師ですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。 年々多くの薬剤師が輩出されているのに、なぜ薬剤師がそんなに足りていないのでしょう。 それには改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。 薬剤師がかぶる帽子というのは、晴れて薬剤師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。そうはいっても、ここ最近においては少しずつ薬剤師の制服も変化してきており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。 髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。 業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん薬剤師の世界にも存在します。 例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを他の勤務中の薬剤師に伝えるための暗号として日常的に使用されています。 ではこのエッセンというのは何かといえば、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。 昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残って現在に至っても普通に使用されているようです。 病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足や薬剤師不足への対応が急務となっています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの薬剤師がものすごい激務に追われているのです。男性薬剤師の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない薬剤師が便秘に悩まされがちというのも納得できる話でしょう。 多くの方が薬剤師を続ける動機として外せない理由の一つに収入が高いという点があります。働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。 そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選べたりもする、等々が派遣の薬剤師として働く上でのメリットでしょうか。 単発の仕事あり、短期のものもあり、長期で働ける方歓迎、というものもあって自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。 多くの場合、薬剤師としてたくさんの経験をしていると昇進し、階級が上がることがあります。 例えば、婦長という階級は誰でも知っている役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総薬剤師長といった役職があります。 昨今の薬剤師不足の影響で、看護学生やパートの薬剤師も珍しくありませんので、正薬剤師であれば上の役職であることは理解できると思います。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。病院にもよるのですが、薬剤師がもらえる報酬は、他と比べると、女性の仕事としては、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。 医療現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。 どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった薬剤師の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。 すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、薬剤師もますます忙しくなってきています。 お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった薬剤師もいます。 夜勤のない職場に移ったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、薬剤師の需要は高いままであり、どうやら、薬剤師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。 業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。 入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて説明を行います。 患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すことが大事です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。 一般的な認識では薬剤師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。 ただ、薬剤師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意しなければなりません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規職員として勤務している薬剤師のように、安定している場合なので、非常勤で勤務している人の場合、薬剤師であってもローンが難しいことがあります。