MENU

少子高齢化が進ん

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院利用者も増加して、薬剤師もますます大変になっています。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った薬剤師もいました。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、現場は常に人手不足で、薬剤師の需要は高いままであり、薬剤師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。 あまりイメージに無いかもしれませんが、薬剤師が働ける職場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子供好きの薬剤師には、ぴったりの職場でしょう。 仕事の内容は、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の薬剤師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の薬剤師がほとんどでした。でも、今では薬剤師という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。 薬剤師に相応しい性格や能力をみても、薬剤師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。 母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。 薬剤師になるための手段として、よく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。 学習内容にそう変わりはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。 薬剤師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の薬剤師は病院で働いております。けれど、薬剤師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、意外と薬剤師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。 こうして、病院に限らず働ける場所は色々あり、ライフステージに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。みなさんご存知のように、薬剤師の休日については働いている職場で違うのです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトを組んで働きますので、休日出勤や平日休みも一般的です。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。高給取りで知られる薬剤師ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。 Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。 ですが、本業で勤めている病院で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、薬剤師の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。大変な激務と世間一般に認識されている薬剤師というお仕事の、その中身を少し見てみます。 病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも薬剤師が行います。 予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、スタッフの数が少ない夜間にナースコールに何度も応答することになったり等々、めまぐるしく次々と仕事が飛び込んできたりもします。海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかと考えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか。 海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る薬剤師が求められているのです。 海外で薬剤師になる場合、医師や患者と意思疎通をはかる上で、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。 本気で薬剤師として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。 医療施設で薬剤師として働いていた知人は、病気のためにいったん退職しました。しかし、完治させた後は、すぐに現場に戻り、医療施設で薬剤師として今も元気に働いています。 空白期間が出来ても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。 薬剤師として働く人は女性が大部分を占めているため、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、比較的離職率が高い職業です。その他にも、働く時間が規則的でないこととか、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。 子供のころから薬剤師になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。 ですが、薬剤師の夢を諦めきれませんでした。 転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら薬剤師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。薬剤師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。 配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。 今後の進路を考える事もできますから、やる気も湧いてきます。 多くの薬剤師が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。休日や休みの時間に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという悩みを抱えている方も多いようです。他にも、薬剤師が不足している職場においては、労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を考えるのが良いでしょう。 他の仕事と違い、薬剤師が職場で勤務する時間というのは、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。 勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でも無理のない働き方が可能である、と思えるようです。 小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと薬剤師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。 補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。 言うまでもなく、薬剤師の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、身体に無理をさせているのかも、と思い知らされることもあるのです。 24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、薬剤師を挙げることが出来ます。 職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの薬剤師が必要になるので、薬剤師経験が浅い間は殆どの人がシフト勤務になるはずです。個人的な話ですが、妻も子供が小さい時に薬剤師としてシフトを組んでいた為、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、薬剤師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患にも応じなければならないので、たくさんの薬剤師がものすごい激務に追われているのです。 男性が薬剤師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、薬剤師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。 慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、薬剤師の需要は高いため、転職がとても容易です。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、雇用する側との面接になるでしょう。 これまでの経験や職務について、志望動機など話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、薬剤師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も注視されていることを、知っておきましょう。 人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。 看護の学校を出て、初めて薬剤師として働き始めた新人だったり、転職によって新しく働きだした薬剤師に、通常支払われるはずの残業代についてきちんともらえないケースがあります。 残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。実は同じ薬剤師でも格差があるのはご存じでしょうか。 たとえば正社員として働く薬剤師は月給制です。 でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところがパート薬剤師の時給としての相場です。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。 しかし、専門職である人命に関わる薬剤師であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。 普通、注射や採血は薬剤師が行うものです。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、注射の必要があるのならば、ベテラン薬剤師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。 ですが、痛みを感じるかは薬剤師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。 こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。 看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。 しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。 ですから看護学校の受験合格を目指した予備校に通って勉強する人もいます。 正薬剤師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信教育課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。 薬剤師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと地位が高くなっていきます。 階級として、婦長などは分かりやすい役職ですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。いまは、学生やパートの薬剤師が珍しくなくなってきましたから、正薬剤師であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。 当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。 病気になって気落ちしていると頼りになる薬剤師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。 具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど酷くストレスを感じていると言えるでしょう。そのため、うつ病を患う薬剤師も珍しくないのです。 薬剤師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。今以上に自分の薬剤師としてのスキルを上げたいと希望するなら、それは薬剤師としてのキャリアを積んでいくしかありません。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。 そうした中、「薬剤師としてもっと上を目指したい」という理由で働く場所を変えようとするケースもあるようです。大学病院など、高度な医療を行なうところで技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。 そうなってくると、医師と薬剤師も大勢が働いているべきなのに、実際には、人手不足が深刻です。 でも、人手が足りていないというのなら、それは、求人募集がとても多いということでもあり、薬剤師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという利点を挙げることができます。 初めての病院で新人の薬剤師として働こうとする時に、気になるのはその配属先ですが、大体希望を叶えてくれるケースも多いですが、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。 もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。 夜勤を含めた交代勤務が必須など薬剤師の仕事は大変ハードでも、特に油断できない仕事が申し送りです。 入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を責任もって申し送りをする薬剤師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。 伝言で済むものもよくありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。薬剤師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、薬剤師の中でも小さな子を持つ場合には大変な懸念事項となっています。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。なので、パートとして働くことにシフトするという薬剤師もかなりの割合で存在しています。