MENU

皆さんご存知のように薬剤師は離職者

皆さんご存知のように、薬剤師は離職者が多い職業ですので、どうしても転職率も高い数値になります。このような傾向から、転職サイトの中でも薬剤師専用のものが存在しているのです。 これらの転職サイトを積極的に活用すれば、さらに効率よく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の薬剤師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。職場を移りたい、と考える薬剤師は意外なほど多いようです。薬剤師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、ですから、求人だってもちろん多いです。 せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。 現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。 病院にもよるのですが、薬剤師がもらえる報酬は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。 責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。 他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなす等々、そんな薬剤師なら確実に給料は、通常より相当、高いものとなっているはずです。 やり甲斐という観点から見てみますと、薬剤師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。 でも、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。 なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。 24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。 そういったことをわかった上で、薬剤師という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。 薬剤師の仕事は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見受けられます。 そうはいっても、薬剤師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、お金を使う時間がなく貯まるばかりと耳にすることがあります。 給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。薬剤師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、薬剤師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。 ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。さて、薬剤師として長く働き続けると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関してもわかるようになったりするようです。 労働者一般の収入と、薬剤師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においては薬剤師の方が上なのだそうです。 医療に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。さてそんな薬剤師ですが、給料は良いものの、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、働きやすい良好な環境にいる薬剤師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。新卒や既卒で薬剤師としての就職先が見つからず、上手くいかない場合は、年齢が原因になっている可能性があります。 一般的に、求人には年齢についての制限を載せていない場合も、病院が裏で採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。 例えば、未経験で30代以上の方が初めて薬剤師として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。 薬剤師の場合は安定していると思われることが多く、ローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ただ、薬剤師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは正職員という形で勤務中の薬剤師については言えることなのですが、非正規雇用の薬剤師についてはローンを組むことが困難なことがあります。 昔から薬剤師さんになるのが夢でした。ですが、家の都合によって会社員としてしばらく働きました。しかし、薬剤師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。 すると、看護助手として勤務しながら薬剤師の資格が取れる方法があると分かりました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。法律において、薬剤師というものは仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。とはいえ、急変時や、切迫した状態では、経験を積んでいる薬剤師に限り、一部の医療行為を行っていいのではないかと思っています。 みなさんご存知のように、薬剤師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。 中でも3交代勤務の職場においては、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、出勤や休日がカレンダー通りではないことも普通です。 一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。 転職活動の場面においては、ご多分に漏れず薬剤師の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けなければならないことがあります。 その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。 どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。 休みを自由にとれて、やりたい仕事を選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ薬剤師にとっての、主なメリットでしょう。 単発の仕事あり、短期のものもあり、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職してみても良いのではないでしょうか。 未婚の友人の中でも薬剤師をしている人が結構います。人気が高いと思われる薬剤師ですが、意外と未婚の人が多いようですね。 実際のところ、薬剤師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えますね。 挙げられる理由としては仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。 どこの医療機関でも薬剤師は不足していることが多いため、薬剤師の転職は比較的かんたんです。 転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。 薬剤師がかぶる帽子というのは、薬剤師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。 けれども、近頃では薬剤師のユニフォームも変わりつつあり、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。 髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。 薬剤師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進し、階級が上がることがあります。 階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。 でも、他にも役職があるのです。一口に薬剤師といっても、学生やパート薬剤師が珍しくありませんので、資格を持った正薬剤師という地位も上の役職であることは理解できると思います。 一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。 薬剤師になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特色は何かというとその時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。 対する専門学校については、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。 そして、必要とされる学費については専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。 薬剤師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、薬剤師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。 俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。 それは協調性の高さの表われでもありますが、顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。 国外で助けを求めている人に、医療従事者として手助けしたいと考えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか。実際に、海外において日本の薬剤師を求める声も増えていて、薬剤師は常に求められているのです。海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。 薬剤師として海外で働きたい場合、積極的に英語を学ぶようにしましょう。 薬剤師という仕事をしているのは女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。 それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、過酷な労働環境だということも相まって、離婚してしまう人も多いと言われています。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。 医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。 夜勤においては医師や薬剤師など、人の数がかなり減り、夜中の少人数体制の中で容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。 かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、大体いつも、日勤より多くなるようです。 薬剤師として患者から信頼してもらうためにも、薬剤師は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。 メイクが必要な女性では、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。 ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気が良くなるでしょう。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、薬剤師に多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや夜勤で体調を崩すといった問題があります。 どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところもよくあります。 夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。 あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。 職業上、薬剤師という立場では喫煙者が多くない印象がありますが、印象通り、薬剤師の喫煙率は平均を下回っているそうです。 病院で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、自主的に禁煙している人が多い職業であるということが想像できますね。 薬剤師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。 重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事が多いようです。 現在の年収を下げてまで今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。注射や採血は薬剤師が行う仕事の代表的なものです。普通、好んで注射をされに行くような人は少数派でしょうが、注射されるなら出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。 ですが、痛みを感じるかは薬剤師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。 上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。 「看護士」と「薬剤師」、両方とも発音は一緒です。 この二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができます。昔は「看護士」が男性、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。 法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「薬剤師」を使うことでひとくくりにされることになったのです。最近の交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、薬剤師があります。 外来の薬剤師であれば日勤のみということもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので経験が浅いとシフト勤務は避けて通れないと思います。 個人的な話ですが、妻も薬剤師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。