MENU

若い方はあまり知らないか

若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の薬剤師は女性が担うものというイメージがありました。しかし最近の傾向は、どこでも薬剤師の名称が使われ、男性の薬剤師も多いです。 現場で求められる薬剤師の能力を考えた場合、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。 本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必要不可欠になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。 准薬剤師に限らず、働きながら正薬剤師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。 多くの薬剤師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係のストレスや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。 一般的に薬剤師の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。 夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。 転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。 国外で医療的な支援を求めている人々に、医療に携わる者として何かできる事がないのかと考えている薬剤師の方も多いのではないでしょうか。 海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る薬剤師という人材が要求されています。当たり前の事ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語が必要になります。 もし、海外で薬剤師として活躍しようと思うのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。 一般的な病院に勤める薬剤師の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を配っておきましょう。 薬剤師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。 勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。 「薬剤師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。 けれども、薬剤師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそうとは言えないことも多いです。 簡単にローンを組めるのは派遣などではなく、正社員として勤めている薬剤師の場合には当てはまることなのですが、非正規雇用の薬剤師についてはローンを組むことが困難なことがあります。病棟勤務に就いている薬剤師の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。 なくてはならない夜勤業務ですが、医師や薬剤師など、人の数がかなり減り、それなのに、夜半にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。 薬剤師にとって勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。仕事上のミスや、時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。 しかし、やりがいがあると実感することも多々あるのです。 先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。 よく薬剤師の職はハードワークだと言われますが「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。 具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、途中で休憩を挟みはしますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。 このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、薬剤師として勤務することがハードだと思われやすい理由になっていると思います。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると薬剤師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。 ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。 覚えておかなければいけない仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、常に緊張を強いられる状態なのです。 このような仕事のストレスで、こころの病に侵される薬剤師も少なくないそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。薬剤師というと病院に勤めているイメージがありますが、薬剤師が働く現場として保育園もあるのです。 職場が保育園となると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。 皆さんは薬剤師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、薬剤師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。 よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。ですが、近頃では徐々に薬剤師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。薬剤師の勉強をするための学校には大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。 まず、大学はどういったところかというと、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点とより幅広く知識を修得できるということでしょう。 他方、専門学校に関しては、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。 出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする薬剤師は結構多いようです。ただ、それ程スムーズに、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。 例を挙げるなら、結婚や転居、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。こういった事例は増加しています。 子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。 薬剤師の勤務は交代制ですが、それ故に、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について勤務終わりの人が勤務始めの人に説明を行います。 伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。 また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも重要な点になるでしょう。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、薬剤師は服装や髪形など、外見を整えておく事を忘れてはいけません。中でも、女性の薬剤師はけばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番です。 すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。よく言われているように、薬剤師というのはとてもきつい仕事です。 病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、もし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も薬剤師が行います。 急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、スタッフの数が少ない夜間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほど忙しい日もあるでしょう。 普通、薬剤師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。 意外なところでは、介護施設や保育園も薬剤師の職場です。 会社によって給料が変わるもので、当然ながら、薬剤師の場合も同じでしょう。 大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。これらの事を考慮すると、薬剤師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。このご時世、「薬剤師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。 しかし、詳しく見てみると夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。 たとえば良い給料で薬剤師をしたいというのなら勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。 夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。昔はあまりメジャーではなかった薬剤師の能力評価に関して、これを行なう病院がかなり増えました。 薬剤師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。 月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。 薬剤師の仕事は異業種に比べると高給です。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。 そうはいっても、薬剤師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというようなことがあるようです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最適なのだろうと感じています。 かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって薬剤師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。 ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。さて、薬剤師として長く働き続けると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。 多くの薬剤師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある薬剤師と比較して給料が少なくなってしまう事が少なくありません。 今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。 薬剤師資格の最大の利点は、結局のところ、働いていない期間が長くあったとしても、再び薬剤師として働くことが比較的容易だということです。理由として、薬剤師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が深く関与しています。 どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば極端に言えば五十代でも復帰できます。 公務員と薬剤師を両立する方法は、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。薬剤師は専門的な知識が求められ、長期間働ける職種の一つであるとして高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけばもっと安定性が高まりますよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的ですよね。 少し前までは、一般常識として、薬剤師イコール女性の職業でしたが、近年では男性薬剤師の割合も増加しています。 看護職においては、患者の移動の際や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性薬剤師の存在は有難がられることも多いです。 お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。 全国的に薬剤師が不足している現状は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。代表的な要因として薬剤師の仕事が過酷だということが挙げられます。薬剤師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため薬剤師一人にかかる仕事量が増加し、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に薬剤師の職を離れる人も珍しくないのです。 働き方を色々と変えることも可能な薬剤師ですが、大半の薬剤師は病院で働いています。 しかしながら、病院における看護業務の他にも、いくつも薬剤師の手を必要としている職場はあり、具体的には、介護施設、保育園、大きな企業内などです。 こういった所で薬剤師として働く人は実際とても多いのです。 こうして、病院に限らず仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。少子化や高齢化のために、医療関係者も、もっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。 そういった理由で既に不足している薬剤師なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。 毎年多くの人が薬剤師資格に合格しているはずなのに、今なお薬剤師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが原因として挙げられます。 ドラマのようには上手くはいかないのが薬剤師の仕事です。 ハードな通常業務だけでなく、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。 ですが、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。 ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、時々、薬剤師は女優みたいだなと思うことがあります。