MENU

薬剤師の資格のある

薬剤師の資格のある人は法律では、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。 薬剤師の医療行為というものは実は認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。 とはいえ、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、薬剤師の経験や知識にもよりますが、若干の医療的行為は認められる必要もあるのではないかと考えます。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。 これに参加を申し込む薬剤師は多数います。女性の多い職場であるため男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという薬剤師たちが街コンへ続々と参加しています。 街コンの場面でも、薬剤師は人気があります。 ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結局は別れてしまうケースが多いそうです。 みなさんご存知のように、薬剤師の休日については勤めている現場でそれぞれ異なるようです。 その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも一般的です。 大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。 皆さんは薬剤師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、晴れて薬剤師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。 料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが薬剤師の帽子といえるでしょう。 しかしながら、近頃では薬剤師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。 若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の薬剤師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の薬剤師がほとんどでした。ですが、近年は薬剤師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。 現場で求められる薬剤師の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。 女性的な優しさも大切ですが、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、これからの薬剤師にとって大切な要素だと言えますね。 病院に初めて薬剤師が就職を果たした時、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような病院もありますし、人事担当者の考え次第で左右される場合もあるかもしれません。 全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、出された答えとしての配属であることが多いようです。 でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。 夜勤をこなす必要があって、薬剤師の仕事は勤務の形が少々不規則です。 働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。 そして、結婚や出産といった機会に退職する薬剤師も多く、人手不足の一因となっています。特に子供ができると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。しかし最近になって、子育てが済んだということで職場に戻ってきたりする人もじりじりと増えていっているようです。 オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりが薬剤師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。 仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも薬剤師の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。 薬剤師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。 ストライキを起こすことも薬剤師は難しいので、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。 昨今の薬剤師不足の影響で、看護学生やパートの薬剤師も増加しているため、正薬剤師であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。 もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。薬剤師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのプラス面とマイナス面について知っておいた方が無難です。 まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、薬剤師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。 残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、時間をかけて確実に患者との関係を構築していくということが難しい点があります。ほとんどの病院では、薬剤師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、それぞれの薬剤師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般の会社組織においては課長職に近いものです。普通に課長職といっても、その年収が勤める企業の規模で全く違ってくるように、薬剤師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。 または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、750万円位だと推測できます。 実際の薬剤師資格取得の難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。受験生全体の薬剤師国家試験合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。 試験内容自体が、今までの授業でちゃんと学習していた人であればそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって薬剤師の資格取得は難しいものでもないようです。 新卒、もしくは、既卒の方が薬剤師の働き口を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には病院側が何歳以下だけを採用すると決められていることも、珍しくないのです。 中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。意外に思うかもしれませんが、医療機関以外に薬剤師として働ける職場に保育園もあるのです。 保育園を職場にするのは、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。仕事の内容は、園児の体調管理と共に、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。 職場にもよりますが、薬剤師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、とても高い額の給料となっております。 責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった薬剤師の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。食い逸れる心配の少ない人気職、薬剤師を目指すには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく薬剤師という肩書きを得ます。 この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そして、薬剤師を育てる専門機関はいくつか種類があるのですけれど、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。 昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある薬剤師は絶対に夜勤が必要になる職業です。 実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。 普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。応募する病院がどちらの交代勤務で動いているのかを早めに調べた上で検討することをおススメします。 少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療職にかかわる人たちもまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。 そういった理由で現時点で薬剤師不足の状態なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。年々多くの薬剤師が輩出されているのに、それでも薬剤師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。医師の仕事と薬剤師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。 分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防のためのアドバイス、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。 その一方、薬剤師さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、診療時に医師の補助を行って、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。薬剤師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子育てをしながら働く薬剤師にしてみるととても難しい問題となっています。 子供の就学前であれば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そういう理由でパートで働く形に変えていくという薬剤師も少なからずいます。薬剤師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職してきたばかりの薬剤師に対し、経験不足を理由に、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。 残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。 就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、対価をもらう権利があります。看護士も薬剤師も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、二通りで表すことができます。 昔は看護士と書くと男性を、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な薬剤師の呼び名にまとめられることになったわけです。 薬剤師という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。 それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。 ですが、とにかく忙しいです。 病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというのは珍しくありません。 収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最高でしょう。 毎日、薬剤師として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。楽ができる病棟はどこだろう、と考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。 ですが、どういった病院か、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、仕事の内容は全く変わってきます。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、薬剤師に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。薬剤師には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も少なくありません。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。 あなたは「薬剤師」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。 ただ、薬剤師の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている薬剤師というのも少なからず存在しているのです。プラス面だけに着目せずに、薬剤師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。薬剤師資格の最大の利点は、やっぱり、薬剤師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。 理由として、薬剤師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が根拠として挙げられます。 どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は極端に言えば五十代でも復帰できます。薬剤師の不足は大きな問題です。理由としては、薬剤師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。 法改正によって、医師の仕事を薬剤師が担当できるようになったため薬剤師が覚えなくてはならない仕事が増えて、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。 また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に薬剤師を退職する人も珍しくありません。 薬剤師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。 一般的なほかの職業とは違って、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。 ですが、本業で勤めている病院で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、薬剤師の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。