MENU

ほとんどの病院では

ほとんどの病院では、薬剤師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる薬剤師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおおよそ750万円前後だと言われているようです。 実は同じ薬剤師でも格差があるのはご存じでしょうか。 たとえば正社員として働く薬剤師は月給制です。でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。 時給がどのくらいなのかというと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート薬剤師の時給としての相場です。 これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。 「薬剤師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。以前は看護士というと男性のことでそして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。 でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女分け隔てなく使用できる薬剤師という呼び方にひとくくりにされることになったのです。 ドラマのようには上手くはいかないのが薬剤師の仕事です。 通常業務のみでも大変忙しいのに加え、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。 ほんの少し前まで文句を言っていた人が突然笑顔になるのです。薬剤師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。 薬剤師の仕事をしていく中でやはり辞職を考えることも往々にして起こります。 仕事そのものの失敗のみならず患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。しかしながら、嬉しく感じることや、薬剤師として働き続けたいと思うことはいっぱいあります。 時に厳しく、時に優しい諸先輩方。 さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。 あまり知られていませんが、薬剤師で公務員になる方法があります。 それは国公立病院や公立機関で働くという方法です。実際、薬剤師の職業は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から勉強する人も多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればこれ以上の安定性はないですよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはなによりも嬉しいメリットですよね。 皆さん想像がつくと思いますが、薬剤師は女性が大部分を占めているため、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くてその結果、離職率が高い割合を示しています。 さらに、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く薬剤師も、病気の患者と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に注意しておきましょう。 自分が患者なら、どのような印象の薬剤師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を第一にすることがポイントです。 職場の環境によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを理解しておきましょう。 すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。 これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、薬剤師はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった薬剤師もいました。 たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます薬剤師の需要は高まり、薬剤師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。薬剤師をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つに「給料が高い」ということがあります。 働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。 ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。 社会が高齢化していることもあり、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。 ですから当然、医療機関で働く薬剤師もどれだけいても足りないという程、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。 でも、人手が足りていないというのなら、それは、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、薬剤師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。 薬剤師として外科で働く際の考えられる良い側面と良くない側面を知っておいた方が無難です。これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。短所は何かというと、一人の患者に対応するのが短期間であるため、腰を落ち着けて患者のケアを行えないことが挙げられます。 一般に、薬剤師の仕事のハードさについてはよく認識されています。 特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、検温や血圧測定、動けない人の介助もすべて薬剤師の仕事となっております。 いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限ってナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、めまぐるしく次々と仕事が飛び込んできたりもします。よく薬剤師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。 例えば二交代制の病院勤務だと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。 こういった長時間労働の現実も薬剤師として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。 薬剤師だった知人は、ある病気の治療のために薬剤師を辞めました。 でも、体調が良くなったら、復職して薬剤師として今も病院で働いています。多少のブランクでも、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。離職率が高い職業として薬剤師が有名ですが、結果的に転職率が高いと言えます。このような傾向から、転職サイトの中でも薬剤師専用のものが多くあります。薬剤師の求人に特化した転職サイトであれば、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事で忙しく働く薬剤師にはうってつけのサイトです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを参考にしてみるのが良いでしょう。ここ数年は薬剤師は足りていないと言えます。 かつて薬剤師資格を取得したけれど、薬剤師の職を選択していない人も多いのです。 このように薬剤師が足りなくなるのは何故かというと薬剤師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。 常勤薬剤師のケースでは、離職率が11%を超えています。 職場の大半を女性が占めており、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。皆さんは薬剤師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、薬剤師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。 料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。 しかし、昨今では、薬剤師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。 一般的に、薬剤師という職業は高収入だというイメージが強いです。 現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態などハードな職業ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが目立ちます。 また、景気や経済に左右されにくいことも、薬剤師の安定性に一役買っています。 これらの高給や安定性を重視するならば魅力のある職業だと言えます。 看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。 病院は24時間休みなく動いていますから、薬剤師も病院に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。夜勤業務があるので、生活リズムを上手にコントロールできなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。国外で医療的な支援を求めている人々に、医療の立場から支援したいと考えている薬剤師の方もいると思います。実際に、海外において日本の薬剤師を求める声も増えていて、薬剤師は常に求められているのです。 海外で薬剤師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要になります。 海外の機関で薬剤師として働きたいと思うのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。 要資格の専門職である薬剤師ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、薬剤師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。 そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。 そうでなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。 例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。ちょっと前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に徐々に男性薬剤師も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性薬剤師は重宝されます。 女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。薬剤師としての技能を高めたいと望むのであれば、それは薬剤師としてのキャリアを積んでいくしかありません。 ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という生やさしいものではありません。 ですから、実地に経験していくしかない、ということです。 そうした中、「薬剤師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を希望する場合があります。 様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って薬剤師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。病院という場所で働く薬剤師は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうこうしているうちに多くの薬剤師はストレスに悩まされます。 要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。 自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。 病棟勤務と外来勤務では、薬剤師の作業内容はまったく違ってくるものです。 ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。 それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。 そうすることで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になるポジションにつくことができるでしょう。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。 そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。 少子化や高齢化のために、医療職にかかわる人たちもまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。なので、現在も「薬剤師は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。 年ごとに多数の薬剤師が新たに生まれているのにもかかわらず、なぜ薬剤師がそんなに足りていないのでしょう。 それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も要因となっています。 夜勤シフトもあって、薬剤師の勤務時間は一定しません。働いた分の休みはちゃんとありますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが多く、人手不足の一因となっています。出産し、子育てを始めるとなるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりもう一度薬剤師として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。職場にもよりますが、薬剤師の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんする人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。やり甲斐という観点から見てみますと、薬剤師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。 でも、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。 それから、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。 それらを承知の上でなお、薬剤師になろうと志望する人が引きも切らないというのはやはり、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。