MENU

一昔も二昔も前の話になりますが

一昔も二昔も前の話になりますが、仕事としての薬剤師は、かなりハードな部類に入ると人々に捉えられていたようです。 でも、現在ではもうすっかり、薬剤師が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。というのも、薬剤師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。こうしてみるとよくわかりますね。 薬剤師は確実に高給を得られる専門職なのです。最近では男性も増えていますが、女性が薬剤師として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。 そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、薬剤師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。働きづめの病院もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というようなことがあるようです。 収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。 仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、忙しさのあまりに薬剤師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。 ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。 さて、薬剤師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、それだけでなく自分自身の身体のことも状態を自覚したりできるようになります。「看護士」と「薬剤師」、両方とも発音は一緒です。この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。以前は看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、女性にも男性にも使うことができる薬剤師の表記に一元化しました。 病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、薬剤師の不足が浮き彫りとなっています。 日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も必要で、多くの薬剤師がとても大変な思いをしているという現実があります。 少しずつ薬剤師を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている薬剤師も多くいるということは分からなくはない話です。転職を希望する薬剤師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。慢性的に薬剤師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。 せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、薬剤師が転職を希望するようになったわけは多様です。 現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。昔から薬剤師さんになるのが夢でした。 ですが、家庭の事情があってしばらくOLとして会社に勤めていました。 ですが、薬剤師の夢を諦めきれませんでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、実際に看護助手の立場で働きながら資格を取ることが出来る事を知りました。 この方法で薬剤師の夢を叶えたいです。 働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事を多くの中から選べるのが派遣という形で働く薬剤師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。 働く期間も様々で、単発、短期、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。 なので、薬剤師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。 医療施設で薬剤師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上にキツい仕事だということも原因となり、薬剤師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、「薬剤師資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。 例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。 薬剤師として患者から信頼してもらうためにも、病院に勤める薬剤師は見た目にも注意することが重要です。女性の薬剤師の場合、派手なお化粧は控えて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが一番です。素顔の時ともまた違っているので、患者に与える印象もガラッと変わると思います。 我が国の法律で、薬剤師はどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。 しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる薬剤師に限り、それなりの医療行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。以前はそれ程一般的ではなかった、薬剤師各々の能力評価ですが、実行している病院がほとんどのようです。 薬剤師の個々の能力を、間違いなく測ることを目的に、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。 なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、薬剤師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。薬剤師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業しなければならなくなることが多いです。 しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。 さっきまで愚痴っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、薬剤師はさながら女優だなと感じます。薬剤師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、そうは言っても、労働組合がないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。 職業柄、ストライキをすることも薬剤師にとっては困難で、看護婦を雇う側が適切に配慮することが大事なことだと思います。 薬剤師さんとお医者さん。 この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。明らかな違いといえば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。対する薬剤師の仕事は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。薬剤師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。 大学の特徴を挙げると、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。 他方、専門学校に関しては、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。 また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについてもなんと大学の学費の十分の一程度です。 よく知られていることですが、薬剤師の仕事というのはかなりハードではあります。 なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。 夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲労はたまる一方であり、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い巡らすようなことになるのです。 この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、薬剤師というのは求人が途切れるようなことはありません。 もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を薬剤師に特化したサイトがたくさんありますから、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。多くの薬剤師は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。 自分が患者なら、どのような印象の薬剤師に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。勤務先によって、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておいた方が良いと思います。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、薬剤師は夜勤を交代制でつとめることになります。 働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。 そして、結婚や出産といった機会に退職する薬剤師もかなり多い、というのが問題となっています。 結婚、出産、そして育児がスタートしたら安心して託児ができる施設などがなければそもそも夜勤などはできないものです。 しかし最近になって、子育てが済んだということで復職を希望する人の例が増えてきており、大きな戦力となっています。 高い給料をもらっている薬剤師でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。 薬剤師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、何と言っても、薬剤師の仕事そのものが大変な激務なので、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。 薬剤師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。 重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く薬剤師より収入が少なくなることがほとんどです。 今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。同じ病院に長く勤務していると昇進し、階級が上がることがあります。例えば、婦長という階級は比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。 最近では、学生やパートの薬剤師も増加しているため、国家資格を持った正薬剤師の立場ではそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。 収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。 外科勤務の薬剤師の、長所と短所を知っておいた方が無難です。 これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。 良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、時間をかけて確実に患者の看護を実践するのが難しいことです。一般的に、薬剤師の中には好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。 実際にはいかにもその通りで、薬剤師の喫煙率は平均を下回っているそうです。 薬剤師は病気の患者と接しますから、煙や臭いをつけないよう、意識している薬剤師が増えていることが分かるのではないでしょうか。 最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、薬剤師の仕事がありますよね。職場が外来の薬剤師であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な薬剤師も多いので、まだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。 個人的な話ですが、妻も子供が小さい時に薬剤師としてシフトを組んでいた為、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変でした。 給料についてですが、薬剤師の場合はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。 個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。 薬剤師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の医療機関の場合は、薬剤師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。 一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。 公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。 他はそうとも言えない、ということになるでしょう。 実は同じ薬剤師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く薬剤師は月給制です。 でも、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。 具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところがパート薬剤師の時給としての相場です。パートとしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、薬剤師として、人命にかかわる業務をこなし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。 パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる薬剤師業ですけれど、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。 ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と薬剤師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。 こうした職場で薬剤師として腕を振るう人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。 薬剤師はこんな風に仕事をすることが可能であり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに働きやすい職場へと、転職することもできるのです。 看護の学校を出て、初めて薬剤師として働き始めた新人だったり、転職によって新しく働きだした薬剤師に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。 賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、当然、働いた分のお金は、手当として支払われなければなりません。