MENU

薬剤師として働いても

薬剤師として働いて、もう数年になります。それで、気がついたことと言えば、薬剤師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。 煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、薬剤師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。 そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、薬剤師たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。 ちなみに酒豪が多いです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。きついながら、やりがいも大きいのが薬剤師というお仕事です。 どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。 そしてまた、患者さんのご家族に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、最高にやりがいを実感できます。 世間で言われているように、薬剤師の仕事はかなり辛いものです。 ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、薬剤師を辞めることを願ってしまうでしょう。 働く薬剤師にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。 薬剤師には女性も多いので、複雑な人間関係がつくられているところも実は多いのです。 他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも選択肢に入れておきましょう。昔の薬剤師といえば、女性が担うものというイメージがありました。ですが、ここ最近の傾向として薬剤師という名前も定着して、男性の薬剤師も多いです。実際に薬剤師に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。 女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、薬剤師にとって大事なポイントになっています。同じ薬剤師であっても、正社員とパートでは少し差があります。 正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。 その時給ですが夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが大体の相場らしいです。 これを単純にパートの時給とみるとなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、つくづく安い値段ではないでしょうか。 交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。 病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから薬剤師も一緒に休みとなるのです。何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。 あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、大抵の場合はちゃんと土日休みになっているはずです。正看と呼ばれる資格を持った薬剤師になる方法は、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが条件です。薬剤師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。 ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。准薬剤師に限らず、働きながら正薬剤師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。現実は、薬剤師が出てくるドラマとは程遠いです。 ハードな通常業務だけでなく、業務時間以外にも仕事が多くあり、残って仕事をしなければならないことがよくあります。けれども、多忙を極めていてくたびれている時でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。さっきまで愚痴っていた人がすぐに笑顔になれるので、考えようによっては薬剤師は女優みたいなものだと思います。 もはや日本は超高齢化社会です。 病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、薬剤師はさらに忙しくなっていきます。労働環境は、決して整っているとは言えず、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死に至った薬剤師もいました。 夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて薬剤師需要は高まるばかりで、薬剤師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。 どこの医療機関でも薬剤師は不足していることが多いため、薬剤師の転職は比較的かんたんです。 することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。 履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。 ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、薬剤師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く見られています。 人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。やり甲斐という観点から見てみますと、薬剤師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。 肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。 大変だと知りつつ、薬剤師という職業を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。薬剤師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。 二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに多くの薬剤師が自然な生活のサイクルを失い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。 そして、つくづく、身体に負担がかかっていることを実感してしまうことはあります。 子供のころから薬剤師になるのが夢だったのですが、家庭の事情があって結局OLになりました。 ですが、OLをしている間も薬剤師になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する選択肢もあるのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。 すると、医療施設で看護助手として勤めながら資格も取れるそうなのです。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、薬剤師の業務は多岐に渡り、薬剤師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、そこで働く薬剤師も24時間不在の時間があってはなりません。 なので、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。 こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。オン、オフの期間を調整できて、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ薬剤師にとっての、主なメリットでしょう。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、薬剤師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。 多くの薬剤師が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。 平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。または、昨今の薬剤師不足の影響から労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。 きちんとした休みを望むのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。 薬剤師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く薬剤師にしてみるととても難しい問題となっています。 未就学児であれば、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。 ですから、子育て中の薬剤師の中にはパート勤務に移行していくという方も多くいるということです。 昨今、薬剤師は不足傾向にあります。薬剤師資格を持っているけれども、薬剤師として働いていない人も多くいます。このように薬剤師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは結局のところ、薬剤師の離職率の高さにあると言えるでしょう。 それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤薬剤師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。 収入面において、薬剤師という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。 特殊な、医療現場という場所での労働ですし、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。 他の人より夜勤をたくさんこなしていたり急な残業を断らず行なうというような薬剤師ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。 皆さんは薬剤師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。 そうはいっても、近年では徐々に薬剤師の制服も変わってきているのが現状で、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。 特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。 病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、この何年か特に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。 ということはつまり、医療機関で働く薬剤師に関してもさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。 しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。多くの病院で薬剤師不足が叫ばれていますが、これは大きな問題です。原因は様々ですが、その一つとして薬剤師の仕事が過酷だということが挙げられます。薬剤師による医師の補助行為が認められ、仕事が増加する一方になり、労働時間が長くなり、休みを取るのも困難なのです。 また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に薬剤師を退職する人も珍しくありません。 国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらと思案している薬剤師の方もいるでしょう。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、薬剤師は常に求められているのです。当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。もし、海外で薬剤師として活躍しようと思うのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。病院で薬剤師として働く場合、働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、薬剤師の資格を持っているということは意外といろいろな職種において実際に役立つことがよくあります。具体例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。 大方の場合、薬剤師の職はハードワークだと言われますが労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。 具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。 このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、一般的に、薬剤師の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。 看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄を次に勤務を始める薬剤師に口頭で報告するというものです。 大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すようにします。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも当たり前のように期待されます。 薬剤師の仕事といっても、勤めている科が違えば、薬剤師の仕事や処置の方法も異なります。 それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。 将来を考えるキッカケになりますから、やる気も湧きやすいようです。薬剤師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、何てったって、もしも離職している期間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。 その理由は、薬剤師は専門職という位置づけであることと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きな原因といえます。 どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合によりすでに50代になっていても再び働くことができます。 基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、薬剤師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。 なお、薬剤師という職についていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、薬剤師というのは求人が途切れるようなことはありません。 その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。 幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を薬剤師に特化したサイトが豊富にあるようですので、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。