MENU

業務を交代制で進めていく

業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りというものが必要になります。 その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、業務を行なう上で必要な事柄をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて話します。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。 あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。一般的に見ると薬剤師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、合間で休憩はあるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。 労働時間が長いということも世間的に、薬剤師として働くことが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人薬剤師候補生の受け入れを行っています。 けれども、日本語で出題される薬剤師の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて薬剤師、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。 働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、大変シビアであるようです。 学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、薬剤師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。 ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には薬剤師しかないようなので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。 そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。 薬剤師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。しかしながら、薬剤師がどのように働いているかを考慮してみると、収入はそこそこあるとはいっても、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている薬剤師も多数いるのです。 たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、薬剤師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。 薬剤師の勤務先は、病院に限りません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても薬剤師の働けるところは十分にあります。 こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。介護関係に携わりたいという薬剤師の方は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。 ドラマのようには上手くはいかないのが薬剤師の仕事です。 普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして残業しなければならなくなることが多いです。 とはいえ、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。 少し前まで愚痴を言っていたような人が突然笑顔になるのです。 考えようによっては薬剤師は女優みたいなものだと思います。 薬剤師として患者から信頼してもらうためにも、薬剤師は服装や髪形など、外見を整えておくことが大切です。 女性の薬剤師の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。 素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が良くなるでしょう。 皆さん想像がつくと思いますが、薬剤師は女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。 加えて、勤務時間が一定でないこと、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。 もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。 一般的な病院に勤める薬剤師の多くは、業務上、患者やその家族と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも気を付けた方が良いでしょう。患者からどう見えているのかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。 病院の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。 収入の話になりますが、薬剤師という職業は、様々な他職業と比べても、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。 身体的にきつい夜勤が人より多い場合や勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった薬剤師の場合、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。 実は、薬剤師にはちゃんとした階級が存在するのです。 高い階級から言うと、ほとんどの病院では総薬剤師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。 階級を上げる方法ですが、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。 もちろん、階級が上がればその分、高い収入を見込めます。 薬剤師の中でも国家試験をパスした正薬剤師になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。 しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。 ですからこれらの学校に入学する事を目標にした予備校に通う人も増えています。 正薬剤師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校の通信課程もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。今、私は病院事務の仕事をしています。 通常、薬剤師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。けれど、私の心配とは無縁に、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、お子さん同伴での薬剤師さんの参加が相当いるんですよ。 先生方も笑顔で、穏やかな雰囲気でよかったです。 多くの薬剤師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。重要なポイントとして、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある薬剤師と比較して給料の額が減ってしまうことが少なくありません。 将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。 薬剤師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。 特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。 また、病棟勤務と違い、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。 例外を除いて、夜勤ももちろんありません。 勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、薬剤師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。求められるスキルもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。薬剤師は愛煙家があまり居ないというイメージですが、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。 病院で勤める以上、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多い職業であるということが見て取れます。 そもそも薬剤師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。 その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。 ネット環境があれば、簡単にアクセスできる薬剤師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもかなりの数があるのです。 なので、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。夜勤シフトもあって、薬剤師の勤務時間は一定しません。 もちろん休みはとることができますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。 出産し、子育てを始めるとなると安心して託児ができる施設などがなければ夜勤業務などは、できなくなってしまいます。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためまた薬剤師となって復職を果たすという、そういった人が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。 交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで薬剤師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。 担当の患者の状態や処置についてを理解して、その情報を責任もって申し送りをする薬剤師に引き継がなくてはいけません。簡単な伝言で済むレベルのものもよくありますが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。 薬剤師というものは働く時間が規則的でないことや過酷な労働環境だということも相まって、薬剤師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、案外、薬剤師資格はいろいろな職種において役立てられることがよくあるといいます。考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。 近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師不足あるいは薬剤師不足が叫ばれています。 夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに勤務先によっては、急患にも対応する等、薬剤師のほとんどがものすごい激務に追われているのです。徐々に男性薬剤師も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない薬剤師が便秘に悩まされがちというのも分からなくはない話です。 転職の際には、薬剤師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、注意すべきことがあります。 注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。 毎日、薬剤師として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。 ちなみに、それほど激務でもない病棟とされるところは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。 ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。 専門職だけあって、薬剤師という仕事についていると、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、転職する人の中には、薬剤師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。 こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。 より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。 街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。 このイベントに参加する薬剤師の方は少なくありません。 同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を探したいという薬剤師たちが街コンへ続々と参加しています。 「薬剤師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。けれども、せっかくいい相手が見つかっても、後々になってお互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。 薬剤師の勉強をするための学校には皆さんご存知のように、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。 その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。働く薬剤師にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。 薬剤師には女性も多いので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。 夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。 最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として薬剤師があります。外来の薬剤師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な薬剤師も多いので、まだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。実際に、私の妻も薬剤師としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。薬剤師を志したのは中学での職業体験でのことでした。 体験先の介護施設の薬剤師の方に感動したのがきっかけです。 大人になったら、ああいう風になりたいと感じたのが始まりでそこから看護学校へ進み、薬剤師になることが出来ました。楽しいことばかりではありませんが、充実した日々を過ごしています。